本文へスキップ

洋酒卸売業免許を取得しましたので、卸対応も承ります。

電話でのお問い合わせはTEL.090-4271-6352

〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町大字富岡8335

醸造家の歴史 History

VIGNOBLES FOURNIER

シャトー・ド・ボンホストの歴史は、ブッシェール家がボンホストにたどり着いた1895年まで遡ります。 ボンホストの名前は、ベルジュラックのセントジーンに位置する名前から命名されており、シャベルト家が18世紀後半まで住んでいた場所です。年を重ねるたび、両家族は隣接するぶどう園をさらに拡大してゆきました。 1977年になるまでには、バーナード・フォーニエは両方の農園を統合しました。彼の妻のコレットの協力もあり、全ての世代の労働の果実を取り去ることにより、彼らの農場を発展させる事に決しました。

今日、コレットとバーナードの子供のシルヴェンヌとともに、揺るぎない評判をうちたて、礼賛され愛好されたワインを永続的に引き継いでいます。 フランス国内外のワインコンクールで数々のメダルを授与されたウイナーであり、数々の関連記事で賞賛されること、今までの仕事からそのように評価されるのは、誇らしい限りです。 ベルギー、スイス、ドイツ、米国においての堅実な販売伸長の成果でもあります。

44ヘクタールのシャトー・ド・ボンホストは、ボルドーから45km、サンテミリオンから南6km離れて、ドルドーニュ谷を見渡せる丘の斜面に広がっています。 多様なぶどうの調和のとれたブレンドの豊かさは、偉大なボルドーワインを独特なものにしています。石灰質を含む陶質の土壌はぶどうに養分を与えます赤ワインには、70% メルロー、20%カベルネ・ソーヴィニヨン、10%カベルネ・フラン。そして、白ワインには、35%セミヨン、60%ソーヴィニヨン、5%ミュスカデルを使用しています。 シャトー・ド・ボンホストは、伝統的農法と管理され統制された手法、すなわち、畑を選別し制御することによって、ぶどう園を伸ばしてきました。 そして、飼養の機関は正統性を保ち土壌の固有の特性をよりよく引き立てるために、ぶどうの熟成を最大限におこなってきました。 言い換えると、ボルドーの最もすぐれたワイン製法の伝統に基礎をおいた厳格な仕事と、石造りの自然の地下倉庫での熟成によって、更に価値が高められています。

シャトー・ラ・ムリエは、11世紀からドルドーニュ谷を見渡す独自の塔をもつ家族の大邸宅から生まれてきました。 ドルドーニュ川の両岸は有望な性質をもっており、今世紀はじめにこの領主になった、詩人兼ぶどう栽培者で貿易コンサルタントのオーゾンヌは、すでに、ぶどう園の性質を軽妙に賞賛していました。 17世紀には、ラ・ムリエの栽培者とガジャック・ルーヤックの業績のなかで言及されており、この場所での古いぶどう栽培の歴史を証明しています。

1948年にブシェット氏によって購入されたこの地は、娘のジュリエット・ヴィオに継承されてきました。 彼の孫娘のコレット・フォーニエは、素晴らしい才能を持ち、夫のバーナード、子供のシルヴェンヌとヤニックの協力を得て、現在の伝統を継続させています。 14ヘクタールの地に広がったシャトー・ラ・ムリエのぶどう畑は、ボルドーの東90kmに横たわり、モンバジャックと命名された地より3km離れています。 非常に良いぶどう畑の土地は、ドルドーニュ谷を見晴らす丘の斜面に位置する陶質の石灰質で火打石の土壌です。 シャトー・ラ・ムリエの地は、白ワインでは、65%セミヨン、35%ソーヴィニョン、5%ミュスカデルの高貴で調和のとれたブレンドで造っています。 また赤ワインは、70%メルロー、30%カベルネ・ソーヴィニヨンで造っています。


ホームページは下記をクリック!
EAER VIGNOBLES FOURNIER



F.GACON


ホームページは下記をクリック!
http://cgnac-gacon.com